• GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie
  • GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie

リナ・リッチリナ・リッチ  -   10:40 AM

2時間のゲームプレイ=一服のコカイン?

2時間のゲームプレイ=一服のコカイン?

100526_cocaine_line.jpg

 
麻薬は言語道断ですが、ゲームもほどほどにね...。

イギリスのカウンセラー/セラピスト、スティーブ・ポープさんによるゲーム依存症に関するレポートが英「Lancashire Evening Post」紙に掲載されていました。

ポープさんは、レポートの中でゲームの中毒性を麻薬にたとえて語っています。 

ゲームを2時間することで得られる高揚感は、コカイン一服のそれと同じなのです。

(ゲーム依存症は)この国でもっとも速く増加している依存症であり、若年層の精神に影響して、肥満などの身体的な問題にも通じている。

 

 

プレイヤーにとってゲームの空想が現実にとってかわるとき、暴力的なまでのスパイラルでゲーム依存症になるんです。

ポープさんは、ゲームのために学校を無断欠席したり、盗みをはたらいてしまう青少年をたくさん見ているそうです。

同紙には、心理学の大学講師のコメントも掲載されていました。

バランスを見つける事が大切です。両親などがゲームで遊んで良い時間などをルールとして決めておくと良いでしょう。

なんだか「親だったら普通にこれくらいのルールは決めるでしょ」って感じですが、両親が仕事でずっと家を空けているような環境だと、子供がゲームにのめり込んじゃう気持ちはわかりますね。

麻薬には肉体的な依存症や禁断症状、健康への被害がありますから、「ゲームの害悪は麻薬と同じ!」とは言えないでしょうけど、精神的な中毒性はあんがい似ているのかもしれませんねー。

 
UK Therapist: Two Hours of Gaming is Equivalent to a Line of Cocaine [1UP]

(リナ・リッチ)

 

MORE FROM KOTAKU

powered by
 

COMMENT

blog comments powered by Disqus

コタクたん Kotaku