• GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • タブロイド
  • roomie
  • GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • タブロイド
  • roomie

コタク・ジャパン編集部コタク・ジャパン編集部  - ,  07:40 PM

購入手順はかなりお手軽! 任天堂初のDLCを『シアトリズム ファイナルファンタジー』で買ってみた(動画あり)

購入手順はかなりお手軽! 任天堂初のDLCを『シアトリズム ファイナルファンタジー』で買ってみた(動画あり)

シアトリズム ファイナルファンタジー DLC


こんな感じで買えますよ。

『ファイナルファンタジー』シリーズの楽曲を使用したニンテンドー3DS用のリズムゲーム『シアトリズム ファイナルファンタジー』。本作は任天堂ハードで発売されるゲームとしては初めて有料のダウンロード追加コンテンツ(DLC)を採用しているのが特徴です。

試しにKotaku JAPAN編集部で追加の楽曲を購入してみました。動画と実際に購入の手順を体感してみた感想をどうぞ。
 

 

 
まずゲームを始めると、一番初めの画面の下の方に「楽曲の購入」というオプションが早速表示されています。つまり、メインメニューに行く前の画面ですでにDLCの購入に移ることができるんですね。

「楽曲の購入」をタッチすると、一連の説明のあとにインターネットに接続。あとは購入したい楽曲を選択し、「購入に進む」をタッチするだけで購入画面に進みます。ダウンロードを含めても追加楽曲の購入に1分強しかかからないというお手軽さでした。

購入自体はとても簡単でしたが、価格(現在のセール期間で1曲100円)や、単品でしか購入できない等、気になることもいくつか。例えばすべての曲をまとめて購入したいユーザーのために、セット価格での販売があればより親切になるかと思います。

価格に関しては個人の感覚によるところがあるので一概に言えませんが、1曲100円でも、例えばiTunesであればゲームやアプリが(品質はどうであれ)1本買えてしまう値段です。任天堂がそういったアプリを競争相手と見ていないとしても、第三者の立場から比較されるのは必然。追加コンテンツの内容・品質と価格のバランスには今後も常に気遣いが必要でしょう。もっともこれは任天堂の追加コンテンツビジネスに限った話ではありませんが。

いずれにせよ、任天堂のDLC購入システム自体は非常にユーザーフレンドリーなつくりでした。ユーザーとしては、これが今後ゲームの価値を高める用途に利用されることを願うばかりです。

 
(Kotaku JAPAN編集部)

 

MORE FROM KOTAKU

powered by
 

COMMENT

blog comments powered by Disqus

コタクたん Kotaku